NISAは、株の初心者でも節税対策のためには知っておきたい

2014年1月、NISAという制度が始まりました。

NISA(ニーサ)とは、正確には少額投資非課税制度といいます。

もっと詳しく言うなら、株や投資信託などによって得られた運用益や配当金に対し、一定額は非課税にしましょうという制度のことです。

通常、株の値上がり益などによって得られた利益に対しては、20%の税金がかかります。

2013年までは特別優遇措置があり、10%の課税で済んでいました。

ところがこの優遇措置期間が期限切れを迎えたことにより、2014年からは再び20%が課税対象となったのです。

そこで新しく始まったのが、NISAというわけです。

具体的には、NISAとは毎年100万円までであれば、株式投資や投資信託の値上がり益は配当金によって得られた利益に対しては非課税となるものです。

今のところ、2014年から開始され、2023年までの10年間は、毎年新たに100万円ずつ非課税枠が追加されていくということになっています。

そして非課税の期間は5年間で、この期間であれば、同じ株で得た利益が100万円以下なら税金はかからないという仕組みになっています。

しかしこの期間中に1回でも株を売ってしまうと、再利用することはできません。

こう聞くと初心者の方には難しそうですが、実際にしてしまえばそうでもありません。

そのためNISAは長期投資をする方にとっては、とても節税できるものとなっています。

初心者の方は特に、証券会社で口座を作る時に、NISA専用口座を作っておくといいですね。

ただし、NISA口座は、作成した時から4年間は証券会社を変えることはできません。

※株が初心者ならこちらがお薦めです⇒トレダビ – K-Zone